まだ間に合う!?リメイク・ワードローブを買うならココです

これだとそんなに抵抗は感じないと思います。同じ方の本を図書館で、みかけて作りやすかったのでこちらの本を購入しました。。

いまオススメの商品♪

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

リメイク・ワードローブ型紙いらずの着物リメイク・ワードローブ [ 松下純子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

祖母や親戚の形見になってしまった着物を譲り受け、何かに残せないかとずっと思ってました。シルクの服や小物って買うとすごい高いので、ドレスやスーツではなく、普段着られるラフでオシャレなパターンが多いのが購入の決め手です。素材はほとんど絹なので!どうにか利用したくて。寒くなってきたので下にヒートテックのハイネックをきていますが、普段2Lサイズを着ている私ですが、問題なく着られます。洋服みたいに丸くカットされたりしてないので、着物ほどきながら感心してました。おまけに手縫いなんで、お値段高いの分かりますね。簡単にできそうなので是非リメイクしてみたいですオークションで落としたアンティーク(お古)の手織りの紬の着物で表紙のTシャツを作ってみました。その状態にして、つなげたり切ったりして縫い合わせるだけでできるのが手軽でいいと思います。古着を何とか利用できないものかと、着物リフォーム本を数冊買って作ったことがありますが、着物にハサミを入れることに躊躇してしまい。あとは好みもあると思うので!この本を基本にしてご自分でアレンジしたら!もっと良いモノが仕上がるかもしれません。作ってみないと!どういう風に着るのかわからないものもあるので☆-1です。。着物をムダなくカンタンに作るように記載されているので、これなら全ページが作れそうです。。わかり易く説明が書いてありたすかります。どうしても!デザインに限界があるでしょうが…今回私は満足です。オススメですよ。が、よくある着物のリメイク本は洋服の生地を扱うようにざくざく切ってしまうものが殆どでした。それで着古した後ならまた解いてボロになったところを切り取って更に別のものに変身させて使えるんじゃないかと思いました。着物を解いて洗ってアイロンで折って直線縫い。また、ほどせば、基本的に四角い布に戻るというコンセプトがいいですよね。亡くなった母の着物が数枚ありますので、リメイクしてみようと思い購入しました。ただ!【型紙いらず】という点では有難いですが!本屋で見ていたら購入しなかったと思います。結局タンスの肥やしになっていましたが、この本を見つけて購入しました。着物リメイク本のデザインやモデルさんもだいたい50代〜っぽいのが多いのですが!こちらのデザインはナチュラルな感じでモデルさんも30代くらい?で同世代っぽくて!和柄でもババくさくならないデザインが気に入りました。祖母や伯母の古い着物やしつけがついたままの着物が多数あり!売っても二束三文でもったいないので!リメイク考えていました。パターンが単純なので!袖や裾の長さを好みに変えられるのもいいと思います。まだ作ってませんがこれからが楽しみです。着物ってほどくと全部反物状になるなんて知らなくてびっくりでした。型紙を使ってのリメイクだと、意気込んでみても途中で疲れてしまうので、反物の幅を活かしてのリメイクはとても作りやすいです。表紙の写真に魅せられて購入しましたが、他のものは今一つ・・・って感じです。型紙もいらないので!素人の私にも縫えそうです。着物リメイク系の本は 何冊か持っていますが この本は 簡単でかわいいと思いました。あれを切ったり折ったりつなげたりしてできてるんですよね。さすがにざくざく切るのは…と思っていたところ、こちらの本に辿りつきました。